'."\n";?> 流行りの情報版

流行りの情報版

特に初心者の方には、ゴルフの道具の多さに辟易としてしまうことでしょう。
クラブバッグ、ウェア、シューズ、クラブ、ハット、グラブ、ボール、チップ、、、
実際にラウンドをはじめようと思うと、ゴルフバーやレッスンでは体験する
ことのなかった悩みがついてまわります。

 

 

当然、ゴルフショップの店員さんにすすめに従って、いろいろと買い込みます。
しかし、実際にその性能を実感できるようになるまでには、ある程度の上達が
必要です。

 

特にクラブはその種類をきちんと知っておかないと、大きくスコアを落としてしまいます。
これは、せっかくゴルフが好きになりそうだったのに、道具のチョイスが悪かった
ためにダメになる、というのはもったいないですよね。

 

 

そこで、まずはクラブの種類を知ることが重要です。ゴルフクラブの種類何を
ご存知でしょうか。ドライバ、アイアン、パターくらいでしょうか?
いえいえ、実は大きく6種類。細分化すれば20種類を超えるクラブが存在します。

 

そのすべてをご紹介したいのですが、まずは第一打目を打つためのドライバーから
ご紹介を始めましょう。

 

 

ひとつめは、チタンドライバーです。ヘッドの素材がチタンという、非常に
軽い、だけど頑丈な、金属でできています。
比重でみてみますと、チタンは4.5。
鉄はだいたい7.8、そして皆さんの身近にある、アルミは2.8です。
つまり、鉄よりもかるいわけですね。アルミはやわらかくて使えませんので、軽くても
ドライバヘッドには使えません。

 

 

チタンドライバの特徴は、なんといってもその軽さと大きなヘッドです。
軽さはスイングの速度をはやめ、打ち出し速度を大幅に向上させてくれます。

 

 

ゴルフを始めようとするとき、まず何からしようか悩みますよね。私なら初心者向けのゴルフスクールにでも行ってみようかと考えると思います。

 

 

会社でもゴルフを趣味としている人はたくさんいて、世話好きなかたは教えてくれると思います。

 

 

でもいつもいつもとなると気も使いますし、それならゴルフスクールのように、きちんと指導料を払って習ったほうが気が楽です。教え方もプロですしたぶん上達も早い気がするのです。

 

 

レンタルクラブがあって手ぶらでも行けるところや、月謝制のところもたくさんあって、会社帰りに通えるスクールも多いようです。

 

 

クラスレッスンですと、同じような方とお友達にもなれますし、新たな出会いもあるかもしれません。ゴルフスクールに行くのも楽しみになりそうです。